本を掘る

これまで読んだ本から一節を採掘していきます。化石を掘り出すみたいに。

トーマス・セドラチェク 「善と悪の経済学」第8章

絶えず多くを欲しがるうちに、私たちは労働の楽しみを台無しにしてしまった。あまりに欲しがり過ぎ、あまりに働き過ぎている。現代の文明は、過去のどの文明よりもゆたかではあるが、満足感すなわち「十分」という感覚からはほど遠いという点では、はるか昔の「未発達」な文明に劣るとは言わないまでも、さして変わらない。あらゆる犠牲を払ってでも、つねにGDPを増やし生産性向上させる必要がもしなかったら、つねに「額に汗して」働き過ぎになることはなかったと思わずにはいられない。


すこし前までは、多くを手に入れたら、必要なものや欲しいものは少なくなると考えられていた。だがいまや、それは思い違いだったことがあきらかになっている。持てば持つほどニーズは増えるのである。だから、けっして満たされることはない。経済的に言えば、供給の伸びが新しい需要の伸びに追いつくことはけっしてない。マルサスが気づいていたとおり、伸びに拍車がかかるだけである。経済学者のドン・パティンキンは、「歴史が教えてくれるところによれば、欧米社会は欲望を満足させる手段の開発より速くとは言わないまでも、すくなくとも同じペースで、新たな欲望を創出してきた」と述べている。これでは欲望が満たされるはずがない。ジジェクは、「欲望の存在理由は、それを完全に満たすことではなく、欲望を再生産することにある」と言った。また旧約聖書には、「目は見飽きることはなく、 耳は聞いても満たされない」とある。


持てば持つほど欲しくなるのはなぜだろう。持てば持つほど必要なものは減るという従来の見方は、直観的に頷ける。必要の領域から所有済みの領域へ移るものが増えるほど、必要の領域は縮小するはずだ。そうすれば消費は飽和に、ニーズは満足に達するにちがいない……。だがそうはならず、 むしろ持てば持つほど、もっと必要になった。このことは、20年前には必要としていなかったもの(コンピュータ、携帯電話)と、いまどうしても必要なもの(超軽量ノートパソコン、一年おきに最新型の携帯電話、 モバイル端末の超高速ネット接続)を比べるだけで、すぐに納得がいくだろう。満たされていないニーズは、富裕層のほうが貧困層より少ないはずだが、実際には完全に逆になっている。ケインズは賃金には下方硬直性があると言ったが、まちがいなく消費には下方硬直性がある。消費の梯子は、上るのはたやすいが、下りるのはじつに不快である。満たされた欲望は新たな欲望を生じさせ、結局私たちは欲しがり続けることになる。だから、新しい欲望には注意しなければならない。それは、新たな中毒を意味する。消費は麻薬に似ているからだ。


村井章子 訳

トーマス・セドラチェク 「善と悪の経済学」終章

  象牙の塔では専門用語が氾濫し、異なる分野と相互理解や意思疎通ができなくなっている。これは、個々の分野がそれぞれに空高く舞い上がり、孤立し、共通の大地が空っぽになってしまったからではあるまいか。科学の世界で みられる言葉の混乱は、バベルの塔を建てるときに起きたことと似ているように思えてならない。たしかに、大地にへばりついていたら高みから見下ろすことはできない。だが大地こそ、人間の住むところである。よく言われることだが、おおむね正しいほうが、正確にまちがっているよりよい。
  高度化・専門化の傾向にブレーキをかけ、明確に、わかりやすく、シンプルに語るようにしたら、経済学は他の学問分野ともっと理解し合えるようになるだろう。そして、孤立した領域がお互いを必要としていること、互いに学べばもっとゆたかな実りが得られることに気づくにちがいない。

 

  あまりにゆたかになり強くもなった現代人は、もはや外から限界を押し付けられることはない。ほとんどどんなことも克服し、ずっと好きなようにやってきた。これだけ好き勝手にやっていながら、それほど幸福でないとしたら悲しいことである。

 

  人間の歴史をふり返ってみていま言えるのは、人間は、人生の単純なことを受け入れて楽しむ方向へと進化しなければならない、ということのように思われる。

 

村井章子 訳   

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第1章

  ポイントは、オートメーションは悪いものだということではない。オートメーションと、その先駆者である機械化は、何世紀にもわたって前進してきたのであり、その結果われわれの状況は、全般的に大きく改善されてきた。オートメーションは賢く使えば、われわれを骨の折れる労働から解放し、もっとやりがいと充足感のある試みへと駆り立ててくれる。問題は、オートメーションについて合理的に考えたり、その意味を理解したりするのが 難しいことだ。「もういい」とか「ちょっと待って」とか言うタイミングがいつであるかがわれわれにはわからない。経済的にも感情的にも、カードはオートメーションに有利なように切られている。労働を、人間から機械やコンピュータへと移管することの恩恵は、見出すのも測定するのも簡単だ。企業は資本投資を数多く行い、オートメーションによる恩恵を、国際決済通貨単位で計算できる——労働コストの削減、生産性の向上、処理と反応速度の高速化、利潤の増大。個人の生活においても、コンピュータが時間を節約し、面倒を避けてくれる例を数多く指摘できる。そして労働よりも余暇を、努力よりも快楽さを好む先入観のおかげで、われわれはオートメーションの恩恵を過大評価している。
  損害を明確に指摘するのは難しい。コンピュータが特定の仕事を時代遅れにしていること、それで仕事を失った人々もいることはわかっているが、歴史が示唆するところによれば、およびほとんどの経済学者が予想するところによれば、雇用減少は一時的なものであり、長期的には、生産性を高めるテクノロジーが魅力的な新職業を作り出し、生活水準を引き上げるだろうということだ。個人の損害についてはさらに曖昧だ。努力や没頭の減少や、主体性と自律性の弱体化、スキルの微妙な低下を、どう測定できるというのか?できはしない。それらははっきりとせずつかみどころのない、失くしてしまうまでほとんど気づかれないものであって、またそうなってしまってもなお、喪失を具体的に語るのが困難なたぐいのものである。だが損害は現実だ。どのタスクをコンピュータに手渡し、どれを自分たちの元に置いておくかについて、われわれが行なった選択、または行なわなかった選択は、単なる実際的・経済的な選択ではない。倫理的選択なのだ。われわれの生活の本質を、および世界のなかでのわれわれの居場所を、これらの選択はかたちづくっている。オートメーションはわれわれを、あらゆる問いのなかでも最も重要な問いと直面させる——すなわち、「人間」とは何を意味するのか、という問いだ。

篠儀直子 訳

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第2章

  近年の不況で失われた職のほとんどが高賃金業種のものだったのに対し、不況後に創出された雇用の四分の三は低賃金部門である。2000年以後の合衆国における「信じがたく弱々しい経済成長」の原因を研究したMITの経済学者、デイヴィッド・オーターは、IT(情報テクノロジー)が「職の分配を非常に変化させ」、収入や富の不均衡を拡大していると結論した。「飲食業には職が豊富にあり、金融業にも職が豊富にある一方、中庸の賃金、中庸の収入の職が減少している」。新たなコンピュータ・テクノロジーにより、さらに多くの経済部門にオートメーションが広がれば、この傾向は加速し、中産階級の空洞化と、高収入の専門職の失業がさらに進むだろう。これまたノーベル賞受賞者である経済学者、ポール・クルーグマンは指摘する。「スマートな機械はGDPを増大させるかもしれないが、人々に対する需要は減少させる——スマートな人々に対する需要をだ。するとわれわれがいま目にしているのは、前例なく豊かになりながらも、その利得がすべてロボットの所有者の元に生じている社会なのかもしれない」。

 

篠儀直子 訳  

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第4章

われわれのほとんどはホワイトヘッドと同様、オートメーションをよいものだと考えている。われわれをより高度な職へと引き上げてくれるものの、その他の点では、行動や思考のあり方を変えるものではないと思っている。だがそれは誤謬だ。オートメーションの研究者が「代替神話(substitutionmyth)」と呼ぶものの表れである。労働節約の装置は、ある仕事のなかから、切り離し可能な限られた部分だけを代替するのではない。それに参加する人々の役割、姿勢、スキルを含めた、仕事全体の性格を変えるのだ。ラジャ・パラスラマンが2010年に雑誌論文のなかで述べたとおり、「オートメーションは人間の活動に取って代わりのではなく、むしろその活動を変化させる。その変化は、設計者の意図や予想とは違うかたちになることも多い」。オートメーションは、労働と労働者の両方を作り変える。

 

篠儀直子 訳  

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第4章

  グーグルや、他のソフトウェア会社はもちろん、われわれの生活を楽にする事業を行っている。それをわれわれが求めているのであり、だからこそわれわれはこれらの社会を支持している。だが彼らの作るプログラムが、われわれの思考の代行に熟達するにつれ、当然われわれは自分の知性よりも、ソフトウェアのほうに頼るようになってしまった。精神を生成作業に駆り立てることも少なくなった。そうなると最終的にわれわれは、学ぶことも知ることも少なくなってしまう。能力も減っていく。現代のソフトウェアに関し、テキサス大学のコンピュータ科学者ミハイ・ナディーンが述べるように、「インターフェイスが人間の活動を肩代わりすればするほど、新しい状況に対するユーザーの適応性は下がる」。生成効果に代わって、コンピュータ・オートメーションは逆のものをわれわれに与えた——脱生成効果
(degeneration effect)である。

 

篠儀直子 訳  

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第4章

ロッククライマーから外科医、ピアニストに至るまで、「ある活動に深い喜びを恒常的に見出す」人々は、「体系づけられた難題のセットと、それに対応するスキルのセットが、最適な経験を生み出すことの例証である」とミハイ・チクセントミハイは述べる。彼らが従事する仕事や趣味は「豊かな行動機会を与えて」くれるのであり、一方、自分が開発したスキルのおかげで彼らは、この機会を最大限に活用することができる。世界のなかで自信をもって行動できる能力は、われわれをみな芸術家にしてくれる。「経験を積んだ芸術家が、困難なプロジェクトに取り組むときに体験する苦もない没入は、複雑なスキルの総体をすでに習得していることがつねに前提となっている」。われわれを労働から隔て、世界とわれわれとのあいだに割りこむオートメーションは、われわれの人生から芸術性を消し去っているのである。

 

篠儀直子 訳   

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第5章

システムの精密化は、それが機械的に動作するものであれデジタルに動作するものであれ、役割や責任の分割のされ方を決定するのであり、その結果、行使するよう各当事者に求められるスキルの種類も決定される。スキルが組みこまれれば組みこまれるほど、機械はその仕事をコントロールする権利を獲得するのであり、労働者がより深い能力——たとえば解釈や判断に関わる能力——に従事し、その能力を開発する機会は減少していく。オートメーションが最高レベルに達し、仕事を支配するようになると、労働者はスキル面ではもはや降下するしかない。これは強調しておくべきことだが、機械と人間との合同労働による直接の成果は、効率性の尺度から言えば、あるいは質の尺度から言っても、すぐれているかもしれない。だが、にもかかわらず、人間の側の責任と主体性は減じられる。「思考する機械の代償が、思考しない人間だとしたらどうだろうか?」と、技術史研究家のジョージ・ダイソンは2008年に問うた。この問いは、分析と決定の責任がコンピュータへと移行するにつれ、いよいよ重大なものとなっている。

 

篠儀直子 訳  

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第5章

  思考のアウトプットを複製しても、それは思考ではない。チューリング自身が強調しているとおり、アルゴリズムは直感の完全な代わりにはならないのである。「推論の意識的連鎖の結果ではない自発的判断」が生じる場が必ずある。われわれを知的な存在としているのは、文書から事例を引き出す能力でもなければ、データの並びのなかに統計的パターンを見出す能力でもない。物事を理解する能力——観察や経験から、生きることから得た知識を、その後のあらゆるタスクや難題に適用できる、豊かで流動的な世界理解へと組織する能力である。意識的・無意識的認知を、推論とインスピレーションとを生み出す、精神のこのしなやかな特質こそが、人間をして概念的に、批判的に、隠喩的に、推測的に、機知のあるかたちで思考させる——論理と想像の跳躍をさせるのだ。


チューリング→英国の数学者、コンピュータのパイオニア

 

篠儀直子 訳    

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第5章

  もしわれわれが不注意であれば、知的労働のオートメーション化は知的努力の性質と焦点を変化させ、最終的に、文化そのものの土台のひとつを侵食してしまうだろう——つまり、世界を理解したいというわれわれの欲望を、である。予測アルゴリズムは、相関関係の発見に神のごとく長けているかもしれないが、特色や現象の裏にある原因にはまったく無関心だ。しかし、因果を見出すこと——事物がなぜ、どうやってそのように動いているのかを、細心に解きほぐしていくこと——こそが、人間の理解の範囲を押し広げ、究極的に、知に対するわれわれの探求に意味をもたらすのである。確立をオートマティックに計算するだけで、専門的・社会的目的には充分だと思うようになったら、根拠を求め、知と驚きへと続く曲がりくねった道を果敢にたどって行こうとする欲望と動機を、われわれは失うか、少なくとも弱めてしまうかもしれない。1ミリセカンドかそこらでコンピュータが「答え」を吐き出してくれるというのに、なぜわざわざ?

 

篠儀直子 訳   

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第6章

スコットランドにあるアバディーン大学の人類学者、ティム・インゴールドは、旅行にはまったく異なる二つの種類があるという——「旅〔wayfaring〕」と「輸送〔transport〕」である。彼の説明によると、旅とは「われわれが世界に存在する最も根本的な方法」だ。風景に没入し、その肌触りと眺めに波長を合わせ、旅人は「行動と知覚とが緊密に結びついている動きの経験」を楽しむ。旅は「成長と発達の進行しつづけるプロセス、または自己刷新」となる。他方輸送は「本質的に目的地志向」である。「人生に沿っての」発見のプロセスというよりは、単に「人や品物を、その基本的性質に影響を与えないようなかたちで、場所から場所へと横切って運ぶ」ものだ。輸送の場合、旅行者はほんとうの意味で意義のある動きをすることがない。「むしろ彼は動かされ、みずからの身体の乗客になる」。

 

篠儀直子 訳  

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第6章

  テクノロジーを自己の一部にすることが容易であるがゆえ、われわれは迷走することもある。最も利益になるとは限らないかたちで、道具に力を与えてしまうことがあるのだ。われわれの時代の最大のアイロニーのひとつは、思考や記憶、スキルの発達において、身体的行動と感覚的知覚が重要な役割を果たしていると科学者たちが発見しつつあるまさにそのときに、われわれが世界で行動する時間は減少し、コンピュータ・スクリーンという抽象的媒体を通じて、生活や労働を行うようになっているということだ。われわれはみずからを脱身体化し、みずからの存在を感覚面から狭めている。汎用型コンピュータを作り出したわれわれは、倒錯的にも、道具を使って労働することの身体的喜びを、われわれから奪う道具を発明したのだ。

 

篠儀直子 訳   

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第7章

  新しいテクノロジーは、初期の段階では従順だ。その形態と用途は、設計した者の欲望だけでなく、使用する者たちの関心、社会全体の利害によっても形成されうる。だが、物理的インフラや商業的・経済的配列、個人的・政治的な規範や期待のなかにいったん根づいてしまうと、これを変化させることはとてつもなく難しくなる。この時点でテクノロジーは、社会体制の不可欠な構成要素となっている。慣性力を増し、道を進みつづける。個々のテクノロジー要素はもちろん時代遅れになるだろうが、それらは新しいものに置き換えられて、既存のオペレーションモードと、それに関連するパフォーマンスと成功の方法を、洗練し、延命させていく。

 

篠儀直子 訳  

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第8章

  視点次第で善にも悪にも見えるサイクルを、われわれは起動させた。アプリケーションやアルゴリズムへの依存を強めるにつれ、それらの補助なしに行動することはますますできなくなっている——われわれはスキルの抜け落ちだけでなく、注意力の抜け落ちも経験しつつある。それでさらにソフトウェアは必要不可欠なものになる。オートメーションがオートメーションを生むのだ。誰もがスクリーンを通じて生活していこうとするのだから、当然社会はみずからのルーティンや手続き(プロシージャ)を、コンピュータのルーティンやプロシージャに適合させていく。ソフトウェアが達成できないこと——計算で処理できず、したがってオートメーションに抵抗するもの——は、不必要なものに見えはじめる。

 

  われわれが慣れていけば、テクノロジーはわれわれに対してさらに力を行使するようになるのであり、その力が弱まることはない。われわれは、テクノロジーが生活に課している拘束に気づいていないかもしれないが、拘束は続いている。フランスの社会学者のブルーノ・ラトゥールが指摘するように、身近なテクノロジーの不可視性は「ある種の視覚的錯覚」である。テクノロジーを受け入れるためにわれわれが自分たちを作り変えているという事実を、それは覆い隠している。当初はわれわれ自身の特定の意図を達成するために使われていたツールが、そのツールの意図を、あるいはその製造主の意図を押しつけてくるようになる。ラトゥールは次のように書いている。「いかに単純なことであろうと、ある技術の使用がどれだけ最初の意図を置き換え、書き換え、変更し、ねじ曲げているかに気づかないとしたら、それは単純に、われわれが手段を変えることで目的を変えてしまったからであり、意思が滑り落ちてしまったせいで、初めに臨んだものとかけ離れたものを願うようになったからだ」。

 

篠儀直子 訳  

 

 

ニコラス・G・カー 「オートメーション・バカ」第8章

  近代世界はいつも複雑だった。スキルや知識は専門領域へと断片化され、経済などのシステムが入り乱れ、全体を把握しようとするあらゆる試みは却下される。しかし現在、人類のこれまでの経験すべてをはるかに超えるレベルで、複雑さそのものがわれわれの目から隠されているのだ。巧妙にシンプルさを装うスクリーンの向こうに、ユーザーフレンドリーで摩擦のないインターフェイスも向こうに、それは隠されている。われわれは、政治学者ラングドン・ウィナーの言う「隠された電子的複雑性〔concealed electronic complexity〕」に囲まれている。「かつてありふれた経験の一部」であったもの、人と人のあいだの、人とものとのあいだの直接的相互作用のうちに表れていた「関係性やつながり」は、「抽象概念に包み隠され」てしまった。計り知れないテクノロジーが目に見えないテクノロジーになったとき、われわれは不安を抱くのが賢明だろう。そのとき、テクノロジーの前提や意図は、われわれの欲望や行動に浸透してしまっている。ソフトウェアに助けられているのか、制御されているのか、もはやわからない。ハンドルを握ってはいるものの、誰が運転しているのか確信できなくなっているのだ。

 

篠儀直子 訳