本を掘る

これまで読んだ本から一節を採掘していきます。化石を掘り出すみたいに。

ルソー「エミール」第3編

おそらくはここに、教師にとってさけることがこのうえなくむずかしいおとし穴がある。もし、子どもに質問されて、ただその場をきりぬけることだけを考えて、かれにはまだ理解できない理由をただ一つでも告げるならば、かれは、あなたがたはあなたがたの観念…

ルソー「エミール」第3編

各人は他人がもっているもので自分の役にたつものを、そしてそのかわりに他人に提供できるものを知らなければならない。十人の人がいて、それぞれの人が十種類の必要をもつとしよう。それぞれの人は自分に必要なものを手に入れるために、十種類の仕事をしな…

ルソー「エミール」第4編

人間を本質的に善良にするのは、多くの欲望をもたないこと、そして自分をあまり他人とくらべてみないことだ。人間を本質的に邪悪にするのは、多くの欲望をもつこと、そしてやたらに人々の意見を気にすることだ。 今野一雄 訳

ルソー「エミール」第4編

同情は快い。悩んでいる人の地位に自分をおいて、しかもしかもその人のように自分は苦しんでいないという喜びを感じさせるからだ。羨望の念はにがい。幸福な人を見ることは、うらやましく思っている者をその人の地位におくことにはならないで、自分はそうい…

ルソー「エミール」第4編

他人の不幸にたいして感じる同情は、その不幸の大小ではなく、その不幸に悩んでいる人が感じていると思われる感情に左右される。 今野一雄 訳

ルソー「エミール」第4編

わたしたちは表面的なことで幸福を判断していることがあまりにも多い。どこよりも幸福のみあたらないところにそれがあると考えている。幸福がありえないところにそれをもとめている。陽気な気分は幸福のごくあいまいなしるしにすぎない。陽気な人は他人をだ…

ルソー「エミール」第4編

歴史の大きな欠点の一つは、人間をよい面からよりも、はるかに多くの悪い面から描いていることだ。歴史は革命とか大騒動とかいうことがなければ興味がないので、温和な政治が行なわれてなにごともない状態のうちに国民の人口がふえ、国が栄えているあいだは…

ルソー「エミール」第4編

物質的な存在はけっしてひとりでに行動するものではないが、わたしは自分から行動する。人がいくら否定しようとしても、わたしはそう感じているし、わたしに語りかけるこの感じはそれに反対する論理よりも強い。わたしには体があって、それにほかの物体がは…

ルソー「エミール」第4編

あるがままで満足していれば、わたしたちは自分の運命を嘆くことはあるまい。ところがわたしたちは、空想的な幸福をもとめて、かずかずの現実の不幸をまねいている。すこしばかりの苦しみにも耐えられない者は、多くの苦しみをうけることを覚悟しなければな…

ルソー「エミール」第4編

うるさいおしゃべりは、才能をうぬぼれろこと、それとも、つまらないことに価値をあたえて、愚かにも、他人も自分と同じようにそれを重要視していると考えること、このどちらかから必然的に生まれてくる。ものごとをよく知っていて、すべてのものにそのほん…

ルソー「エミール」第4編

虚栄心のつよい人たちは富をみせびらかそうとして、利益をもとめる人たちはその恩恵にあずかろうとして、きそって金をつかい、つかわせる新しい方法をさがしている。そこで大がかりなぜいたくが支配権を確立し、手に入れることの困難な、高価なものを好ませ…

ルソー「エミール」第4編

わたしにとっては、一つところにいろいろと設備をして住みつくのは、あらゆるほかの場所から自分を追放するようなもの、いわばわたしの宮殿のなかに監禁されるようなもの、と考えられるだろう。世界は十分に美しい宮殿だ。 今野一雄 訳

ルソー「エミール」第4編

排他的な楽しみは楽しみを殺す。ほんとうの楽しみは民衆と分けあう楽しみだ。自分ひとりで楽しみたいと思うことは楽しみではなくなる。わたしの庭園のまわりに囲いの壁をめぐらして、そこを閉じられた陰気な場所にしたのでは、わたしは多くの費用をかけて散…

ルソー「エミール」第5編

人生は短い、と人々は言う。だが、私の見るところでは、彼らは人生を短くしようと努めている。時間の使い方も知らないで、彼らは時のたつのが早すぎるといって嘆く。だが私の見るところでは、時は彼らの望みよりは、むしろ遅すぎるくらいゆっくり流れている…

ルソー「エミール」第5編

人はその受けた教育に応じた好奇心しかもたないものだ。 今野一雄 訳

ルソー「エミール」第5編

我々の生の悩みは、我々の必要からよりも、むしろ我々の感情から生ずるのだ。我々の欲望は広大である。だが我々の力はほとんど無に等しい。人間はその願望によって 無数のものに結びついている。それなのに、自分自身の力によっては何ものにも、自分の生命に…

柳田邦男「言葉の力、生きる力」

私の心には自分の境遇を幸福か不幸かという次元で色分けする観念も意識もない。あるのは、内面の成熟か未熟かという意識だ。そして、内面において様々な未成熟な部分があっても、あせることなく、人生の終点に到達する頃に、少しでも成熟度を増していればよ…

柳田邦男「言葉の力、生きる力」より

(モーツァルトが父に宛てた、ウィーンからの手紙) 死は(厳密にとれば)ぼくらの生の本当の最終目標なのですから、ぼくはこの数年来、この人間の真実で最上の友人ととても仲良しになってしまったので、死の姿を少しも恐ろしいと思わないどころか、むしろ大いに…

星野道夫「森と氷河と鯨」

唯一の正しい知恵は、人類から遥か遠く離れた大いなる孤独の中に住んでおり、人は苦しみを通じてのみそこに辿り着くことができる。 (カリブエスキモーのシャーマンの言葉)

J.デューイ「人類共通の信仰」

人間が、個人として、あるいは集団として、最善の努力をつくしたとしよう。しかしそうした場合でも、いろいろな時と所で、悲運と幸運、偶然と天命などといった運・不運を思いしらされる状況にでくわす。そうしたとき、男らしい人間は、何が何でも、自然の力…

J.デューイ「人類共通の信仰」

成立宗教は、自らが理想を独占し、またその理想を推進するための唯一の超自然的な方法をも独占していると、勝手に主張する。だが、自然界でなされる人間経験には、本来明らかに宗教的な価値がそなわっているのである。 栗田修 訳

J.デューイ「人類共通の信仰」

我々を動かす目的や理想は、我々のイマジネーションによって生みだされるのである。しかしながら、それは空想的な素材から作られるのではない。目的や理想は、自然と社会においてなされる人間経験の世界がもつ確固とした素材から作りだされるのである。・・…

J.デューイ「人類共通の信仰」

今日生きている我々は、はるか遠い過去から続く人類の一部である。自然とずっとこれまで相互作用してきた人類の一部分である。文明の中にあるもので、我々が最も大切にするものは、我々自身が作ったものではない。大切なものは、過去から永々と続く人間共同…

オルテガ・イ・ガセット「形而学上講義」

我々の生は何にもまして、未来と遭遇することである。我々が生きる第一のものは、現在でも過去でもない。生とは、前方にむけて執行される活動であり、現在と過去は、未来との関係からは、その後に発見されるのだ。 杉山武 訳

ジャレド・ダイアモンド 「銃・病原菌・鉄」第1部第5章

簡単にまとめると、食料生産を独自にはじめた地域は世界にほんの数カ所しかない。それらの地域においても、同じ時代に食料生産がはじまったわけではない。食料生産は、それを独自に開始した地域を中核として、そこから近隣の狩猟採集民のあいだに広まってい…

ジャレド・ダイアモンド 「銃・病原菌・鉄」第2部第10章

食料の生産を最初にはじめた地域のなかに、環境的に他の地域よりも食料生産に適した地域があったことはすでに指摘したが、食料生産が地域的に拡大していく過程においても、それが比較的容易であった地域と、そうでなかった地域が存在する。たとえば、環境条…

ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」第3部第13章

われわれは、著名な例に惑わされ、「必要は発明の母」という錯覚におちいっている。ところが実際の発明の多くは、人間の好奇心の産物であって、何か特定のものを作りだそうとして生みだされたわけではない。発明をどのように応用するかは、発明がなされたあ…

ジャレド・ダイアモンド 「銃・病原菌・鉄」第3部第13章

食料生産は、定住生活を可能にし、さまざまなものを貯め込むことを可能にしただけではない。食料生産は、ほかにも人類の科学技術史で決定的な役割を果たしている。食料生産は、人類史上初めて、農民に生活を支えられた、非生産民の専門職を擁する経済システ…

ジャレド・ダイアモンド 「銃・病原菌・鉄」第3部第14章

このように、食糧生産と社会間の競合が大本の原因となって、詳細において少しずつ異なるものの、いずれも人口密度の高さと定住生活が関与する原因結果の連鎖がはじまる。そして、その過程を通じて、疫病をひき起こすような病原体が現れ、文字が発明され、さ…

ジャレド・ダイアモンド 「銃・病原菌・鉄」第4部第19章

アフリカとヨーロッパの衝突の結果が、ヨーロッパ人のアフリカへの入植になったことの直接の要因ははっきりしている。ヨーロッパ人は、アメリカ先住民に遭遇したときと同様、アフリカ人に対して三つの点で優位に立っていた——彼らは、銃をはじめとする技術を…